お役立ち情報と書評、グルメ、旅行記など

menu

四十路シングル女子のお得生活

WordPressテーマ「Logue (tcd020)」

世田谷朝さんぽ!等々力渓谷が思った以上に渓谷だった件

東京都内、しかも23区内に“渓谷”があるって皆さん知ってました?
最初に観光地紹介の記事で【等々力渓谷/とどろきけいこく】を見つけたときも、「この地は100年前は渓谷でした」的な、名前だけの“もと渓谷”が公園になってるだけなんじゃないか?と思っていたわけですよ。

でもまぁ、まる3日も東京滞在するわけだし、せっかくなので朝の散歩でもしてみようかと。
真夏だからビル街歩いてると暑いですしね、どうせ散歩するならちょっとでも涼しそうなところが良いです。

というわけで、東急大井町線で等々力駅へ。
線路に挟まれた小さな駅舎とホーム、そして踏切というたたずまいが、なんだか東京じゃないみたい…。

そして、駅から5分ほど歩くと、渓谷の入口があります。
左手が小さな休憩スペースのようになっていて、地図や由来の看板があり、入口は右手。
等々力渓谷入り口広場
等々力渓谷看板

ここから降りていくようです。
等々力渓谷入り口

階段を降りるとなんかもう別世界っぽい空気感。

少し歩くと、独特の雰囲気のある場所が…
ちょっと廃墟っぽい。なんだか映画のロケ地みたい。

歩くところと川そのものは整備されてるいるものの、周囲の崖?に地層が見えていたり。
また別のところでは植物がジャングル化していたり。
どこかの自然公園の中なら珍しくないですが、これが東京23区内だというのがすごいですね。

手付かずの自然という感じではないけれど、これは想像していたよりずっと渓谷っぽい。
足元はコンクリートだったり石畳だったりするけれど、横を見れば大自然、という。

途中には神社やお堂があったり公園があったり、近くには古墳もあるそうです。
全長1km程度なので、1時間あれば往復できます。

駅に戻り、目の前の「ピアーズ・カフェ 等々力店」で電車を見ながら朝食をいただきました。
ピアーズ・カフェ 等々力店

関連記事

フォトマルシェ - PhotoMarche