お役立ち情報と書評、グルメ、旅行記など

menu

四十路シングル女子のお得生活

WordPressテーマ「Logue (tcd020)」

あっさりスープにガッツリ系お肉のスープカレー@すすきの

2017年4月にすすきの(と大通の中間)にオープンした「CURRY’s TRIBE カレーなる一族」、ようやく初訪問してきました^ ^

2015年の12月からデリバリー専門店として人気だったカレー店が、スープカレー&バーとしてオープンしたんだそうです。
何より嬉しいのが、その営業時間の長さ!
11時30分のランチタイムから、翌朝5時までのBAR TIMEまで、ずーっとカレーを注文できるんです。

大通界隈にレストランは沢山ありますが、ほとんどが21時までの営業。
私が学生だった頃の19時閉店に比べればまだ良いものの、18時からのセミナーに参加して、懇親会がないときの食事の選択肢の無さといったら、本当にこれが政令指定都市、名だたる観光都市なのかと情けなくなるくらい。

すすきのの繁華街へ行けば深夜までのお店は山ほどありますが、「お酒が飲みたいんじゃなく、ご飯が食べたい!」気分のときは、結局腹ペコのまま帰宅して、スーパーの見切り品の寿司を自宅で食べる羽目になること数回…

なので、Facebook広告でこのお店のオープン情報が流れてきたときから、いつか行こうとワクワクしていたのです。

お店は南3条通りと2丁目の通りが交差するあたり、ジュンク堂から狸小路を過ぎて、スガイディノスの手前の信号のところです。

店内はボックス席4席とカウンター席のこぢんまりした作り。夏にはオープンテラスになるとか…
テーブル会計なので入り口がごちゃついたりしないのが良いです。

日替わりランチ880円が気になりつつ、1日20食限定の「一族の豚角煮カレー」1480円がまだ残っていたので注文。

始まったばかりの平日ランチサービスでサラダが付いて来ました。
ジャガイモ、かぼちゃ、ナスなどの野菜は揚げてあります。立派なキクラゲがどーん!ゴボウもいっぱい。


角煮♪

スープはあっさりめ(でも薄すぎるほどではない)
角煮はスプーンだけで崩せるけれど、とろける感じではなくて、ガッツリ行きたい人向けの歯応えを残した仕上がりでした。

私の場合、インドカレー系(野菜すりおろし&トマトばっちり入ってます&水一滴も使ってません系)のスープが一番好きなので、めっちゃ美味〜とはなりませんが、これはこれでアリですね。
ブームになって以降のスープカレーがお好きな方だと、また違う評価になると思います。

「CURRY’s TRIBE〜カレーなる一族〜」
北海道札幌市中央区南3条西1丁目2番1号
チトセビル 1F
011-206-0410
11:30〜23:00(LO22:30)
BAR営業
23:00〜5:00迄(LO4:30)

これで、大通で夕食難民しなくて済みそうです。
次は、夜限定のまかないカレーに挑戦したいです。

関連記事

ロゴマルシェ - LogoMarche